tuneのブログ

<< 前のページ | 次のページ >>

2016年1月17日(日) 14:28

Androidの標準アプリだけでひかり電話を外出先から使う

以前、スマホをひかり電話の子機にする記事を書きましたが。今度は外出先で使えないかと色々と調べたところ成功しましたので忘備録としてまとめてみました。

まず、ホームゲートウェイにログインし、内線設定をしますこちらは以前とほぼ同じで、内線番号、ユーザID、パスワードを控えます。



スマホをWi-Fiで繋がるようにするためSIP電話の設定をします。
先ほど控えた、内線番号をユーザー名、パスワードをパスワード、ユーザーIDを認証ユーザー名、そしてホームゲートウェイのローカルIPアドレス(デフォルトは192.168.1.1)をサーバー、発信プロキシアドレスに入力します。



設定ボタンをクリックして、内線一覧の利用有無にチェックして設定ボタンをクリック。これで、Wi-Fi接続でスマホでひかり電話が使えるようになりました。

ここからが出先で使う設定です。
MVNOなどのデータ通信SIMで出先から自宅のLANに入る設定をします。
ホームゲートウェイのVPNサーバ設定から、好きなエントリを選び接続名、ユーザー名、パスワードを入力します。
他の人にわかりにくいユーザ名、パスワードにしてくださいね。これがバレると自宅のLAN内がダダ漏れになります。
設定ボタンを押します。



事前共有鍵というところの表示をクリックすると現在設定されている事前共有鍵というダイアログが表示されるので、これも控えてOKを押します。



これでサーバ側はおしまい。

今度は、スマホ側を設定します。その他の設定からVPNを選びプロフィールを追加します。
名前は適当に、タイプにはL2TP/IPSec PSKを選択、サーバーアドレスには、ホームゲートウェイにプロパイダから割り当てられたグローバルIP、先ほど控えた事前共有鍵をIPSec事前共有鍵に入力して保存します。



設定は完了。

Wi-Fiからモバイル通信に切り替えて、VPNを接続します。

VPNの接続先が接続されましたとなっていればOK。

これで、モバイル回線を通してひかり電話の発着信ができます。

プロパイダのグローバルIPの固定IPアドレスを契約してない方(ほとんどの方はそうですね)不定期に変わります。変わるとスマホからVPNがつながらなくなってしまいます。
これをメールで知らせる設定もホームゲートウェイにはあるのですが、まだ試していません。
ダイナミックDNSサービス(無料のものもありますので、ググってみてください)。
プロパイダによっては、有料オプションサービスもあります。
この点が、課題です。

[電話] [この記事のURL] [コメントを書く(コメント不可)]

この記事へのトラックバックPingURL

2012年10月12日(金) 21:25

Xperia U Android 4.0 ICS アップデート

待ちに待った、Xperia U ST25iのAndroid4.0(ICS)のアップデートができるようになりました。

PC Companionでアップデートありの表示になり、速攻でアップデート実施。
無事終了。

アンテナバーの表示は、データ通信専用SIMの現象でXperia Rayで体験済み。アンテナバーアプリを入れて表示で問題なし。
Rayで出ていた警告アイコンも表示なし。

何よりうれしいのが、Aterm WR8700Nの最新ファームで接続できたかったのが、成功したこと。
ただし、チャンネルは1-11chのまま。
これは、SONY Mobileのサイトでの仕様に1-11chのみと書いてあるので仕様として受け入れるしかありません。(グローバルモデルなので、アメリカが1-11chなので仕方なし)

一部、細かいバグっぽいのが見受けられますが、徐々に直っていくでしょう。


端末情報のスクリーンショット

[電話] [この記事のURL] [コメントを書く(コメント不可)]

この記事へのトラックバックPingURL

2012年8月16日(木) 15:36

スマホをひかり電話の子機にする

本日、NTT西日本の光プレミアムから、光ネクスト ハイスピードに品種変更工事を行いました。

やはり、幹線が違うらしく隣の電柱につなぎなおしていましたが、屋内配線はそのまま。
100Mbpsから200Mbpsへスピードアップ。

さて、本題。

手持ちのAndroid 端末Xperia Uは、IIJmioのSIMとWi-Fiのみのデータ専用(スカイプで音声はできるが)SIPソフトがファームとして組み込まれており、NTT推奨のAGEphoneを使わずに、自宅のひかり電話の子機として使えるようになりました。

こちらのサイトを参考にさせていただきました。

注意事項は、端末のID名をホームゲートウェイRT-400KIのデフォルト「0003」からゼロを取って、「3」のみにしたこと、音声専用端末にしたことくらい。MACアドレス欄には、端末のMACを入力します。


Android端末で、設定→通話設定→アカウント、「アカウントの追加」をタッチして、ユーザー名、パスワード、サーバーのアドレス(ホームゲートウェイのアドレスです)



内線端末にもなるので、ダイヤル「3」で着信します。

以前は、品種変更工事は有料だったのですが、何かの問い合わせでNTTに電話したときに、偶然7月から無料になりますよ。と言われれてすぐに申し込みました。

プレミアムの3台構成(ONU+CTU+ひかり電話アダプタ)から1台にまとまりすっきり。


まだの方は、是非お勧めです。


[電話] [この記事のURL] [コメントを書く(コメント不可)]

この記事へのトラックバックPingURL

2011年1月8日(土) 18:44

IDEOSのナビ

初のAndroid端末で、色々といじっていますがGPS機能の一つであるナビ機能。
プリインストールされているナビですが、これがなかなか使える。

音声で目的地を入力できるし、音声のみの案内も大きな音声でなかなか。
リルートをきちんとしてくれ、通信なので地図も最新。
セカンドカー用にPNDをそのうち買おうかと思っていましたが、やめました。

GPSですが、GARMINのハンディGPSよりもさらに高感度で屋内でも窓からそんなに遠くなければ十分拾ってくれます。

あと、座標系はGoogleマップが世界測地系なので、緯度経度も世界測地系。
パナソニックのカーナビ(約3年前に車と同時購入)は、日本測地系なので、
座標変換の必要はあります。

これからは世界測地系が標準なので、当然の事でしょう。
PNDを購入予定の人にも、お勧めでしょう。

[電話] [この記事のURL] [コメントを書く(コメント不可)]

この記事へのトラックバックPingURL

2010年12月30日(木) 18:36

スマートフォン IDEOS

日本通信から発売されたIDEOSを購入しました。
イーモバイルのPocket Wifi Sとほとんど同じものです。

共に、SIMフリーで日本国内ではドコモ、ソフトバンク、イーモバイルのSIMで使用できます。

私は、イーモバイルのEMチャージで主に使う予定です。
今までは、PC専用のカードを使っていましたが、テザリングが使えるので、Wifi対応の機器なら無線LAN接続でデータ通信が可能になりました。

Android 2.2なので、多くのアプリケーションをインストールして使えます。
もちろん、PCで環境を整えれば、自作アプリも作って動作します。

私の実験ではイーモバイルでのSkypeで問題なく通話できました。

日本通信

イーモバイル

最初はイーモバイルを買う予定だったのですが(2年縛りも覚悟して)、日本通信から発表になり、Webでの発売日に速攻でした。


[電話] [この記事のURL] [コメントを書く(コメント不可)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年12月27日(日) 12:27

シンガポールのプリペイドSIM



シンガポールには3つのキャリアがあります。

SingTel http://www.singtel.com/
StarHub http://www.starhub.com/
M1    http://m1.com.sg/

仕事ではSingTelのプリペイドSIMを使っているのですが
私用でStarHubのプリペイドSIMを購入してみました。
各社のプリペイドSIMは、コンビニでパスポートを見せれば簡単に購入できます。

普通はS$18のものが主流なのですが、S$8のものがあったのでそれを入手。
日本円で500円程度でしょうか。
3Gにも対応しており、データ通信もできるようです。
仕事用で購入したSingTelのものは、3Gには対応していないようです。
3G携帯に入れても電波は拾うものの、つながりませんでした。

データ通信するならStarHubのものが良いでしょう。
機会があればM1のも試してみたいと思います。

シンガポールは小さな国ですので、基本的に国際ローミングには対応しているようです。SingTelのSIMは、日本ではSoftbankで使用出来ました。

多くの外国人労働者がいるのでプリペイドの需要が多いようです。

空港でも売っていますので、シンガポールに入国しない人でも、トランジットで免税店で購入できます。
お試しあれ。

[電話] [この記事のURL] [コメントを書く(コメント不可)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年9月15日(月) 10:25

auのスマートフォン

待ちに待ったauのスマートフォンが発表になりました。
しかーし、グローバルパスポートCDMAじゃないの・・・(ーー;)
E30HT

法人用としての発売なのになんでCDMAなの???
これじゃぁ、ヨーロッパで仕事できないじゃん。

何を考えているんだろう。
最近のauは、本当に失策続きだな。

ところで、最近娘が使ってるPC(iiyama製)にインストールしてあったLISMO Portが起動しなくなったので、auに問い合わせたら「iiyama製PCはショップブランド」なんだそうな。
なぜ、iiyamaがショップブランドなのか納得いかないので、ショップブランドとそうじゃないものの基準を教えてほしいと言っても、「iiyamaはショップブランド」の一点張り。

あっそ、まあ自己解決できたからいいけど。

こんな政策や対応に呆れて、IDO時代からずーと使い続けてきたauだけど、家族そろってNMPかなと考えている今日この頃です。

[電話] [この記事のURL] [コメントを書く(コメント不可)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年8月16日(土) 16:32

auの失速とW-CDMA

今まで快調だったauもついに6月、7月と続けて純増数最下位になってしまいました。
色々いわれていますが、KCP+の不具合による端末の不具合と新製品の発売遅れ、ソフトバンクに完全に人気をさらわれた感じです。
私は、さらにここへきて電波形式にも問題があると感じています。
第三世代(いわゆる3G)は、世界的に完全にW-CDMA(UMTS)方式が標準となり、CDMA2000は、蚊帳の外状態になっています。
日本のキャリアも端末代金を分離するプランが増えてきて端末価格と開発費のジレンマに陥ってきています。
日本の携帯電話製造会社のシェアは世界的に見るとほとんどないので、チップを含めると、明らかにCDMA2000の端末は不利です。
個人的には、W-CDMAも2GHz帯は電波の飛びでやはり不利で、ヨーロッパや米国でも始まってはいますが、建物内などで不感地帯が多くあるようです。
ただ米国ではUMTS850があるようで、徐々にエリアが広がっているようです。
cdmaOneで一歩進んだ印象だったのですが、やはり世界標準の2GであるGSMの上位互換性から、W-CDMA&850MHz帯の組み合わせで広がっていくような気がします

日本では、800MHz帯の再編が数年先にあるようですから、その時点でどうなるかが見ものです。

[電話] [この記事のURL] [コメントを書く(コメント不可)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年3月28日(金) 16:20

T-MobileのプリペイドSIM

久しぶりのアナログ回線接続(40Kbps)でつないでいます。
うーん、遅くてメールサーバの管理ができん。
高速回線が時間固定であまりに高いので、市内電話網$1.5(60分)しか使えない。

といいつつも、ここでの携帯電話代を抑えるために、T-MobileのプリペイドSIM($50)を購入して、かなりの良番(808-XXX-XXXX)をゲット。
購入時にSIMカード入れ(4枚入り)を店員に見られて笑われてしまった。

ここでは、かける相手もほとんど日本語が通じるので、非常に重宝しています。
こんなとこにもドコモショップがあって驚きましたが、ローミングでは高くて案して話してられない。

やっぱ、海外ではプリペイドが一番いいですね。

[電話] [この記事のURL] [コメントを書く(コメント不可)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年3月9日(日) 15:30

やっぱり酷いソフトバンク

ソフトバンクのプリモバイルが始まり、USIMだけを入手している人が結構いるようで、私もゲットすることにしました。
念のため、昨日お客様センターに「USIMだけの契約は出来ますか?」と確認をして、一般の電気店等では無理ですがソフトバンクショップなら可能との回答をもらい、本日、ソフトバンク白子店(三重県鈴鹿市)に行きました。
しか〜し、本体とのセットかプリペイドの端末を持っていないと受付できませんという。(なにぃ〜!)
その場で、客センに電話し、店の人に代わってもらい直接話をしてもらいました。
それでも(ふざけるな〜!)、客センも強気ではなく、約款上ソフトバンクは契約できるが、お店としては出来ない。(こんなことがあっていいのか!公正取引委員会に訴えてやろうかと思ったが)
これ以上、ゴネても無駄そうだったので、店を出て客センに売ってくれる店を紹介してくれとお願いして連絡を待つことに。(直営店なら間違いないらしいが三重県にはないとの事)
しばらくして客センから電話があり、ソフトバンクショップ「エイデンイオン鈴鹿」店だけ契約が可能とのことで、早速エイデンへ。(最初1階のソフトバンクショップに行ったのですが店違いでした。まさかエイデンの携帯売り場がソフトバンクショップとは思いもよらなかった。ベルシティにはソフトバンクショップが2軒あることになります。)

無事、プリモバイルのUSIMを入手することが出来ました。

しかし、客センも「特殊な契約体系なので、行き届かなくて申し訳ありません」といっていましたが、海外では普通の契約なんですけどねと。

契約だけなので¥0でした。(¥0ではなく、海外のプリペイドSIMのように、初期通話料が少しでも入っていれば、お店の売り上げになるので販売店も扱うようになるんでしょうね。)

[電話] [この記事のURL] [コメントを書く(コメント不可)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ | 次のページ >>

tuneのブログ by tune

MySketch 2.7.4 written by 夕雨