tuneのブログ

2006年10月1日(日) 16:35

auのグローバルエキスパート

またもや、出張でフランスへ行ってきました。
今回は、嫁さん同伴です。
ホテルは、1部屋料金なので1人分の航空料金と食事のみ追加で新婚旅行以来の夫婦での旅になりました。

滞在中私は仕事で嫁さんは観光、仕事の後は2人で観光と、仕事も観光も充実したものとなりました。

で、肝心の電話の話
私は、モベルのSIMと702sMO(SIMロック解除版)で、嫁さんのはauのグローバルエキスパートのUSIMにソニエリのJ210iを準備して連絡をとるようにしました。
仕事の後での待ち合わせの連絡に主に使用。

が、auのUSIMがダメダメで発信、着信とも番号通知できないんです。
他の人からかかってくる予定が無かったのでまだ良かったのですが番号通知に慣れてしまうと出ないのがもう不快。
早速、帰国後auに文句。

J210iにモベルのSIMを挿した時は、国番号もきちんと表示するので、日本からの電話にもそのまま着信履歴から発信できます。
+819012345678 てな、かんじで。

日本国内だと、海外からの電話だと
3312345678 と国際プリフィックスが付かないのでそのまま着信履歴から発信することが出来ません。
このあたり、日本の携帯キャリアのダメダメなところですね。

海外へ行ってみて始めて分かる日本の電話会社の遅れてるよところ。

香港のSIMも、コールバック方式で、頭にめんどくさいプリフィックスをつけないといけないのですが、3HKのSIMをJ210iに入れてみると、そのめんどくさいぷリフィックも自動で付加してくれます。ちょー便利。

ボダ(今日から損か!)のアンロックした端末も、そこまではやってくれなかったので、日本語使わないならちゃんとしたメーカーブランド品を買うべきですね。
とはいえ、香港で売ってる端末なら、漢字もほとんど表示するので、それほど不便を感じません。

あー、日本もPDCなんか使わずにGSMを採用してたら、安くて便利な端末が使えたのに、と強く感じました。

そうそう、フランス(パリ)では、地下鉄の中、駅じゃないですよ、トンネル走行中の社内でも、みんなバンバン通話してます。ちまちまメールなんてしてる人いません。
地下鉄のトンネルの中までちゃんと電波を飛ばしてるんですね。
これが、フランスのマナーです。(笑)

[電話] [この記事のURL] [コメントを書く(コメント不可)]

この記事へのトラックバックPingURL
tuneのブログ by tune

MySketch 2.7.4 written by 夕雨